...

ワンパンラインからくだらない事まで色々まとめています

運営さん、メダルの〇〇変えてください!

考察
ブログ主
ブログ主

一寸の虫にも五分の魂」とよく言いますよね

 

あぁ、「弱い者でもそれ相応の意地を持っているから侮るな、意見を聴け」的な意味でしたっけ?

 

ブログ主
ブログ主

ということで今回はモンストに改善して欲しい点を述べます

 

その言葉使いたかっただけですよね

 

 

・・・

ブログ主は一時期

狂ったように「メダル集め」をしていたことがありました

 

 

の時からずっっとメダルの仕様に対して改善して欲しい点があるんです

 

 

メダルキャラに関してとかですかね?

 

ブログ主
ブログ主

そんな生半可なもんじゃあないです

 

交換させてくれ
 
・・・
もう先に結論から言います
 
 
 
メダルからストーンに交換させてください!!
 
 
 
・・・
ストーン1個でメダル3000枚に交換できるのは周知の事実ですよね
 
 
 

しかし

メダル実装から3年近く経った今でもこの機能は導入されていません

 

メダルをストーンに交換できなくて何か問題でもあるんですか?

 

そうなんです

この「メダルをストーンに交換できる」機能を欲しているのは

 

ごく一部のユーザーだけだと思います

 

 

ブログ主
ブログ主

僕が神経質すぎるのもありますが

 

 

理由1

 

メダル周回を

長時間やったり複数アカウントでやったりすると

 

 

基本、メダルが溢れます

 

アイテムに引き返しとけばいいのでは?

そう、アイテムに引き換えとけばいいんですが

 

 

その減った引き換えたアイテム分のメダルもすぐに集まってしまい

 

メダルの消費場所がなくなってしまうんですよ

 

ブログ主
ブログ主

わざわざメダル消費するために他のクエいくのも馬鹿馬鹿しいですよね

 

理由2

 

さらに挙げられる弊害として

 

「ストーンを2個もらえる条件でいくのが前提になってしまう」

 

があります。

 

 

 

このご時世

ほとんどの人は「クエスト1回でストーンが2個もらえる」ように

レアリティを下げたりスコア稼ぎの実をつけたパーティでいくのが前提になっています

 

 

そう、それはメダルがストーンに変換できないせいでもあるんですよ

 

どういうことかというと

 

例えば

パーティAはクエスト1回でストーン2個
パーティBはクエスト1回でストーン1個メダル2000枚
 
これでAは5回、Bは6回周回するとします
 
・・・
 
メダルをストーンに交換できないと
 
Aは 2×5 でストーン10個ゲットですよね
 
Bは 1×6と 2000×6でストーン6個メダル12000枚ゲットですよね
 
・・・
メダルをストーンに交換できたら
 
Aは 2×5 でストーン10個ゲット
 
Bは 1×6と 2000×6でストーン6個メダル12000枚ゲットし
メダル12000をストーンに交換し合計ストーン10個ゲット
 
 
「上のケースでのメダル12000枚もストーン4個と同じ価値だから下のケースと変わらんやろ」
 
となりますが、そうなんです。そこまで変わりません
 
 
しかしそこで
 
先ほど述べたようにメダルが溢れる場合があるんです
 
 
・・・
俗にいう「メダル周回」とは「メダル集め」ではなく
 
 
いわば「ストーン集め」になっているんですよ
 
 
 
確かにメダル3000枚とストーン1個は同じ価値です。
 
しかし上限が決まってるメダルはストーンより(溢れてしまうため)集めづらいです
 
 

なるほど…

 
・・・
gamewithさんが載せていたメダル取得数早見表ですが
 
 
 
このご時世
以下の条件(ストーン2個)でしかほとんど周回しませんよね
 
 
 
要は何が言いたいかというと
 
 
「メダルをストーンに交換できたら
 
手に入るストーンが2個未満の場合でもメダル集めに行きやすいのに!
 
 
ということです
 
 
まとめ
 
まとめると
・メダルをストーンに交換できるようにしてほしい
・というかそもそもメダルの所持上限をなくしてくればいいのに!!
 
こういうことです。
 
・・・
要点がわかりにくくてすみません。
 
文章力・表現力が乏しいので言いたいことの6割ぐらいしか伝えられてない気がします
 
 
ブログ主
ブログ主

過去一わかりにくい記事かも

 

ソロモンの発狂記事には勝てませんよ


 


コメント

このブログの管理人
おはようポテト

モンストとミスチルが抗うつ剤になっているただの萌え豚。ソロモンちゃんが可愛すぎて辛い。最近はもう一つのブログの方に力を入れがち。

Twitterもやってるよ!